ガス給湯器が故障しました:ノーリツGT-2427SAWX

投稿者:

先週26日(木)2泊3日の出張から帰ってきたら、お湯が出なくて風呂も沸かせない状態。自分の家に帰ってきて身も心も温まりたいと思っていたところに突然訪れた給湯器の故障です。
使っているガス給湯器はこれ

給湯器GT-2427SAWX

広告


とりあえずガス屋へ連絡し見てもらうことに

風呂釜屋さんとか知らないので、ガス屋に電話をし修理できるか見に来てもらえるように手配をしたところ、提携の設備屋さん(たぶん風呂釜屋さんと呼んでよいことでしょう)に来てもらえました。
同じ能力の新品に入れ替えるといくらなんでしょう。そんなことを考えていましたが、内部を点検してもらったところ今回は修理可能とのことなので修理をお願いいしてありあます。

その後の経過2015.12.2

12月2日(水)現在、部品が入ってこないとやらで、まだ修理されてない状況。なぜか気温が高めの日は調子が良く、今日と二日前の月曜は自宅の風呂に入れました。
症状としては、蛇口をひねったり追い焚きのボタンを押したりしたときにカタカタと音がしてリモコンにエラー”710”が出る。
基盤が悪いんだそうで、まる一週間になるので明日あたりは修理に来てもらえるのではと期待していたところ、夕方になってから風呂釜屋さんから部品が入ったとの連絡がありました。

手配から一週間後に修理が完了

動いたり動かなかったりだったところですが、連絡をもらった翌日(12月3日)に修理に来てもらえました。修理内容は基盤の交換なので作業自体は、そう時間のかかるものでもなく、修理後の動作の確認をしてもらうのと合わせても30分もかからなかったと思います。
約1週間ぶりに復活をした我が家の給湯器、やっぱり自宅で風呂に入れるのは快適です。

修理代金の内訳は

基板セット     4,500円
リレーケースセット 18,900円
あと工賃と消費税が入るので結構な金額になりますね、13年使用した機械なので部品があっただけ良かったことでしょう。
ノーリツのGT-2427SAWXという機器ですが、同等品を買うとなかなかの価格です。フルオートなので仕方がないのですが、一度フルオートの給湯器を使うと、格下のものを使えなくなりますね。

入浴も日々繰り返されてきた習慣

生活のレベルを一度上げてしまうと、それに慣れてしまってレベルが下げられなくなるとか、テレビで誰かが言っていたのを覚えてます。風呂釜もまさにそうです。
次の不調が出たときは買い替えなので覚悟が必要のようです(資金をなんとかしなくては)。
それと、災害もそうですが、こういう故障も予告なくやってくるので普段から風呂が使えない場合にどうすればよいか考えておいたほうが良いかもしれません。今回は、幸い寒い時期だったので汗も少なく神経質にならずに済み、たまに調子が良いときは給湯器が動いたりしたので助かりました。
13年使ってるので次の故障も心配しなくてはなりませんが、動いてて当たり前とついつい思ってしまうものですね。

その後の給湯器2017.5.24

給湯器の基盤交換修理後1年半経ちましたが、今のところ異音もなく普通に使えてます。ただし、今後いつ壊れるのかわからないので心配なのは間違いないですね。