夏を楽しむためにする7つのこと

常に何かを追い求め挑戦することは男には必要であって、この季節こそ有意義に過ごしたいものですが猛暑の中で大それたイベントに挑戦するのもなかなか大変なことでしょう。

ここは賢く知恵を絞り、クールで手軽に楽しめる男の夏を探してみたいと思います。

水辺に出向く

まず最初に夏の楽しみ方の基本を抑えてみましょう。たいていの大人は子育ての終盤を迎えるころには海で泳ぐ機会が少なくなってきます。

水辺の風景は見てるだけでも夏を味わえるものですし、泳ぐことをメインに考えてしまうとハードルが高くなりますので、軽くたたずむことを目的に海辺や湖などとにかく景色としての水がある場所へ行ってみることをオススメします。

レジャー要素を求めずに、水のある風景を親しむことで水がもたらす癒やしの効果と夏の風情を味わえることでしょう。

夏の写真を撮る

ブログのあちらこちらで男の趣味はカメラだと書いていますが、夏の季節もこのことを忘れてはいけません。
そしてレンズを向ける候補は次のものでいかがでしょう。

夏の風景

夏を連想させるものとして風鈴が揺れてるところなんてどうでしょう。

夏祭りの様子なんかもイイですよね。金魚すくいや提灯とかも夏らしいものです。

それから、向日葵の花や公園の噴水は夏そのものと言えます。

冷たいご馳走

代表格のかき氷に始まり、冷やし中華、スイカやメロン、ゼリーなど色々あります。

以外に絵になりそうなものとして、ざる蕎麦やソーメンといった主食系も良いですね。

花火

少し難易度が高いですが、打ち上げ花火は撮りがいがありですね。この夏何か挑戦するものを探していた人へはピッタリと言えます。

逆に、小さな線香花火もこじんまりとした風情があって良いですね。

以上の他にも、暑さに負けず被写体を求め歩き最高の夏を仕留めたいものです。

上品ななアイスクリームに挑戦する

高級なものと言いたいところですが、価格で考えるときりがないので上品なアイスということで良いでしょう。

普段は「甘いものなんか…」と、大人の男として避けて通りがちなものではありますが、いざ口にする場面は結構少ないものです。

今まさに季節は夏です。男が堂々とアイスクリームを食べれるチャンスは今しかありません。ガッツリといきましょう!

夏野菜を食べる

この辺は結構大人の男としての演出どころではないでしょうか。

きゅうりをいかに旨そうに食べるかという企み、そして冷やしたトマトに豪快に喰いつく姿勢は男の特権です。

そして、ナスの出番は尽きることなくやってきます。極めつけは夏野菜カレーでしょうか、考えただけでよだれが出そうになります。

クーラーボックスを使う

これが本命ですかね、クーラーボックス使ってこそ夏でしょう。
冷たいものを持ってレジャーに出かけ、行った先で地元の生ものを買い込んでくる。夏らしいじゃありませんか。「クーラーボックス使ってこそ夏でしょ!」と、そんなことを言っている私、実はクーラーボックスを所有したことがありません。

今年こそ、と思っております。

暑くても町の中を歩く

夏の外出は、車を使えば冷房が効いてて快適です。
私も暑い日が続くと、ついつい車を使用してしまいます。しかし、夏という季節を逃げていると過ぎ去るのもあっという間です。

夏特有の風を感じることなく、すれ違う若者たちの活気をも窓でシャットアウトする大人のだらしなさを少しは反省したいものです。

ただでさえ冷房の効いた屋内にこもりがちなこの季節です。
ときには街へ出て流行りの文化を肌で感じ、暑さにめげずに夏の開放感に触れてみてはいかがでしょう。

大人の男として得られるものもきっとあります。

宿泊を伴う旅をする

これは、少しの時間を見つけて小旅行を楽しみましょうという私のサイト運営のテーマでもあります。

夏ももちろん目的を適度に達成させたいものです。せっかくなので、出来れば普段より凝った計画をねりたいですが、先にあげた項目の中にも小旅行に取り込めるものがあります。

そもそも、夏休みに旅行に行くことは大人であっても何ら遠慮なく楽しむべき余暇の過ごし方です。
ただ、生活形態の多様化する今の時代に自分に見合ったスタイルを見つけづらいという、ちょっとした事実があるだげです。

私たち男が求める何か追うため、非日常を楽しむ旅を夏の日にも楽しむことにしましょう。

夏を後悔しない姿勢

以上が、私の提案するクール(一部暑そうなのも含んでましたが)で手軽な夏の探し方です。

ただ待っているだけでは、ぼた餅が落ちてこないのは夏であっても同じこと。
夏の終わりに焦燥感など感じることのないよう自分の夏を追い求めましょう。

時には激しく時には穏やかに、そして頼もしく。

繰り返される日常生活から少し視点をずらしてみれば、楽しむべき夏はきっと身近に見えてきます。

訪れる自分だけの夏を落ち着いて狙い撃ちしましょう。


スポンサーリンク

休みの日に雪が降ったら朝から酒を飲んでも良いか?

夏に暑い日が続くと、温暖化が進んでいるんだと心配するけれど。どうやら冬の間はその影響がないのか、または温暖化が進むと冬は逆に大雪が降るのかとかここ数年はそんなことを思わせられる冬が続いているように感じます。

雪は雨よりさぁ、心配ごと多いよね

雪ってものは、積もってしばらく残るからめんどうですよね?
雨は出かけるときに止んでさえいれば、そんなに気になることはありません。でも、雪は降りやんでからも路上に残っちゃったりして、歩くのに足を取られたり、一度溶けたものが凍結するとツルツルに滑ったりと厄介です。
そして、降ってる最中も、その降り方によっては気が滅入るものですね。長時間、断続的に降り続いたり、猛烈に吹雪いたりしてると外れくじでも引いたかのような気分にさせられます。
一方、不思議なものでスキーやスノーボードが好きな人がスキー場に向かう雪道ってのは多少吹雪いているくらいじゃ気にはならないことでしょう。なんてったって雪が大量にある場所に遊びに行くんだから、雪が邪魔だったり苦になったりはしないものでスキーが趣味じゃない人でも一時期のめりこんだ経験がある人なんかはわかりますよね。とは言っても、スキーやスノーボードが趣味として定着していない方というのは、雪が降る地域に住んでいる人の中でもけして少数派ではないでしょうし、スキーって結構なイベント的なものですよね、休みの度に行ってる元気な人は、なんていうかアレですよ、はっきり言うと面倒なことになります。

こんなんだったら酒でも飲んでしまうかと考える日

大方の大人は、その年の最初の大雪のときまで前の冬に心配していたことなど忘れてしまうことでしょう。春は暖かくて浮かれた気分になるし、夏も楽しいし、秋も行楽シーズンなんて言われてるくらいだし、とても冬に経験したドカ雪の心配など引きずってはいられないものです。
さて、雪が降ったら何をしていると楽しいでしょう?
前の年に色々と考え巡らせたとしても、暖かい季節の間にそんな知恵はどこかに置き去りになっちゃいましたってことは少なくありません。
私が、今年初回の大雪で最初に思いついたのは「酒でも飲んでりゃいいかな?」です。極端ですが、飲んだ後に車で外出できないことを除いてはあまり問題ないのではと思います(他の交通手段を使っても明るいうちから一人で気分良くなってる男は怪しいですけどね)。

酒に頼らない楽しい習慣作り

晩酌をしない生活を続けていると、年に一度くらいはそんな”朝から酒の日”があっても良いかなとも思いますが、それが楽しすぎて習慣になってしまっても困ります。
それと、日中に酒を飲んで過ごすと大事な何かを気づかずに過ごしてしまいそうですし、考え方によってはかなり贅沢な過ごし方とも言えます。そう考えると年に一度で丁度ですね、ちなみにワタクシ、正月に酒を飲んで過ごすのが得意じゃないので酒を飲む日を特別に設定しても良さそうな気はします。

果たして降雪で失われたものはなんでしょう

不幸にも、休日に雪が降ったことによって酒浸りの人生に陥らない為には(普通はそんな心配要らないけどさ)雪が降ってしまったことによって出来なくなってしまったことは何かを明確にしておきたいものです。私の場合はジョギングのことになりますね。雪が降ったあとに走り回っていたら、それはやはり危ないことでしょう。
失われるものは運動する習慣な訳ですが、だからと言って別なスポーツでそれを補おうとするのは無理があるかとも思います。家に篭ってモクモクと筋トレなどは興味が湧きません。
本来の目的や効果にこだわるより、自然の摂理によって降ってしまったのはどうしょうもないので、休みの時間を活かした少し楽しいことで充分と考えることにします。
今回は雪が降り積もってしまったらの話ですが、強制的にインドアを求められてしまったらその楽しみ方はどうすれば良いのでしょう。

雪の裏返しは映画、雪の日こそ映画

この私、休みの日には非日常に浸りたいと考えることが多いのですが、インドアと言うか自宅に居ながら非日常を味わえる手段として手っ取り早いのは映画のDVDを見るのが丁度良く思います。
なぜ雪の日こそなのかというと、雪が降ってると近所のガ○ンチョが表で遊べず静かだからです。少し複雑ですがね。
それから自宅ではなくても、映画館へ出かけるくらいなら休日に車を出すのも費用的にも時間的にもなんらためらいはありません。

外は雪でも映画で気分を逸らすことができれば安いもん。凝り固まった頭をきっとほぐしてくれることでしょう。

カメラにワクワクした自分を思い返してみる

私はカメラ趣味肯定派で、このブログにも別にあるホームページにもカメラについて少し書いています。
カメラの楽しみは外へ出て写真を撮ることなのですが、幸いなことに私は機械いじりが好きで、カメラも小さな機械といえるし眺めているだけでも楽しいものです。
普段より、部屋の温度を高めに設定してコーヒーでも飲みながらカメラ雑誌でも眺めてるのも気分転換にはなるでしょうね。

寒い朝に降り積もる雪を見ていると、そんな自分自身のことすら見失ってできないものばかり目につくものです。今日もこの記事を仕上げる頃には雪のない街にいますが、自宅の周辺は気温が高い日が続いても全部溶けるまでに三日はかかりそうなほど積もってます。

雪で思い悩む日もそうは続かないもの

あれこれと考えて見ましたが、私のこんな心配ごとよりも時間の経過は更に優秀なことでしょう。
ここに書き留めておけば、先々に私のヒントにはなるんじゃないかと思っています。
そして、ある程度自分がしたいことがはっきりしていれば焦らず、この先もより楽しめる趣味が見つかったりするんじゃないかと(なんちゃって)。


スポンサーリンク

慌てて出発する私はももっとプランニングを楽しんだほうが良い

ホームページを作り、ブログを書くようになってから来月で1年が経とうとしている。そしてこの1年はWebでの自己表現のテーマに概ね沿った形で過ごすようにしてきました。時間があったらこまめに外へ出歩き、食を楽しみ、良い習慣を持つように努めることを意識しこれからも生活していこうと考えています。
最近気が付いたのが、この「散歩と小旅行、食、良い習慣」の3つのテーマのうち、小旅行を楽しむことについて私は不慣れでぎこちない面があるようです。仕事のモヤモヤから逃れるために時間があればふらっと外へ出かけることは、自分としてはかなり良いストレスの解消になることが分かりました。しかし、慣れている人の普通の旅というのは少しばかりの計画性(プライベートなのでガチガチのプラン尽くめはないことでしょう)があって、きっと旅の予定づくりも楽しみの一つではないかと思うのですが、まあ正解でしょうね。
そして私も旅の予定について少しばかり考えてみます。

いつ出かけるのか?

どこへ行くのかにもよりますが、まずは日程を設定しなければなりません。多くの大人の場合、旅先での旬の食なんかと絡め季節を考慮することが多いと思います。私の場合はいつでもすぐに出かけられれば嬉しいなという考えでしたので、その辺が大きな違いですかね。でも、時には漠然と非日常を求めて外へ出ることも自分をワクワクさせてくれるものと信じています。

何処へ行くのかと何をするかはその時々で優先順位変わる

思考が仕事のままだと、まずドコか?を先に考えたりしがちですがプライベートでは「何がしたいのか」をきっちり決めたほうが旅を楽しめるかなと思います。そして私の場合は「タウンウォッチング」と「人ごみに浸る」ということになります(結果的には人間ウォッチングになっちゃってますが‥)。
そんな私も行先を選定する旅というのを全く考えなくもないです。そして、それは一例を挙げると新潟のことだったりします。
日本海が見たい→新潟、美味しいものが食べたい→新潟、酒が美味い場所→新潟、もちろん私が好む雑踏もあり、新潟市の町は結構デカいです。こう考えると私の中で新潟にはやられっぱなしですね。ただ、私のWeb上でのテーマは小旅行!新潟まで行ってしまうとそれは小規模な旅行ではなく「立派な旅行」になってしまいます。でも行ってみたい場所があるって良いことですよね。

行った先では写真を撮る

ブログでも何度か書いていますが、男の趣味はカメラしかないと思っています。上に書いた「何をするか」とダブりそうですが、カメラを持ち歩くことはすべての旅の共通目的にしたいと考えています。ただし、本格的なものを持ち歩こうとすると荷物が増えるので、そこはコンデジでも満足しようと思っています。

こう来たら流れ的に次は予算の話になりそうではありますが‥

※また、いつも通り中途半端な閉じ方ですが例によって暇を見て続きを編集したいと考えています。そして今日の空いた時間で次の旅についてプランを練ります。だって実践するのが一番大事ですよね、行先は行き慣れたいつもの場所です。


スポンサーリンク