休みの日に雪が降ったら朝から酒を飲んでも良いか?

夏に暑い日が続くと、温暖化が進んでいるんだと心配するけれど。どうやら冬の間はその影響がないのか、または温暖化が進むと冬は逆に大雪が降るのかとかここ数年はそんなことを思わせられる冬が続いているように感じます。

雪は雨よりさぁ、心配ごと多いよね

雪ってものは、積もってしばらく残るからめんどうですよね?
雨は出かけるときに止んでさえいれば、そんなに気になることはありません。でも、雪は降りやんでからも路上に残っちゃったりして、歩くのに足を取られたり、一度溶けたものが凍結するとツルツルに滑ったりと厄介です。
そして、降ってる最中も、その降り方によっては気が滅入るものですね。長時間、断続的に降り続いたり、猛烈に吹雪いたりしてると外れくじでも引いたかのような気分にさせられます。
一方、不思議なものでスキーやスノーボードが好きな人がスキー場に向かう雪道ってのは多少吹雪いているくらいじゃ気にはならないことでしょう。なんてったって雪が大量にある場所に遊びに行くんだから、雪が邪魔だったり苦になったりはしないものでスキーが趣味じゃない人でも一時期のめりこんだ経験がある人なんかはわかりますよね。とは言っても、スキーやスノーボードが趣味として定着していない方というのは、雪が降る地域に住んでいる人の中でもけして少数派ではないでしょうし、スキーって結構なイベント的なものですよね、休みの度に行ってる元気な人は、なんていうかアレですよ、はっきり言うと面倒なことになります。

こんなんだったら酒でも飲んでしまうかと考える日

大方の大人は、その年の最初の大雪のときまで前の冬に心配していたことなど忘れてしまうことでしょう。春は暖かくて浮かれた気分になるし、夏も楽しいし、秋も行楽シーズンなんて言われてるくらいだし、とても冬に経験したドカ雪の心配など引きずってはいられないものです。
さて、雪が降ったら何をしていると楽しいでしょう?
前の年に色々と考え巡らせたとしても、暖かい季節の間にそんな知恵はどこかに置き去りになっちゃいましたってことは少なくありません。
私が、今年初回の大雪で最初に思いついたのは「酒でも飲んでりゃいいかな?」です。極端ですが、飲んだ後に車で外出できないことを除いてはあまり問題ないのではと思います(他の交通手段を使っても明るいうちから一人で気分良くなってる男は怪しいですけどね)。

酒に頼らない楽しい習慣作り

晩酌をしない生活を続けていると、年に一度くらいはそんな”朝から酒の日”があっても良いかなとも思いますが、それが楽しすぎて習慣になってしまっても困ります。
それと、日中に酒を飲んで過ごすと大事な何かを気づかずに過ごしてしまいそうですし、考え方によってはかなり贅沢な過ごし方とも言えます。そう考えると年に一度で丁度ですね、ちなみにワタクシ、正月に酒を飲んで過ごすのが得意じゃないので酒を飲む日を特別に設定しても良さそうな気はします。

果たして降雪で失われたものはなんでしょう

不幸にも、休日に雪が降ったことによって酒浸りの人生に陥らない為には(普通はそんな心配要らないけどさ)雪が降ってしまったことによって出来なくなってしまったことは何かを明確にしておきたいものです。私の場合はジョギングのことになりますね。雪が降ったあとに走り回っていたら、それはやはり危ないことでしょう。
失われるものは運動する習慣な訳ですが、だからと言って別なスポーツでそれを補おうとするのは無理があるかとも思います。家に篭ってモクモクと筋トレなどは興味が湧きません。
本来の目的や効果にこだわるより、自然の摂理によって降ってしまったのはどうしょうもないので、休みの時間を活かした少し楽しいことで充分と考えることにします。
今回は雪が降り積もってしまったらの話ですが、強制的にインドアを求められてしまったらその楽しみ方はどうすれば良いのでしょう。

雪の裏返しは映画、雪の日こそ映画

この私、休みの日には非日常に浸りたいと考えることが多いのですが、インドアと言うか自宅に居ながら非日常を味わえる手段として手っ取り早いのは映画のDVDを見るのが丁度良く思います。
なぜ雪の日こそなのかというと、雪が降ってると近所のガ○ンチョが表で遊べず静かだからです。少し複雑ですがね。
それから自宅ではなくても、映画館へ出かけるくらいなら休日に車を出すのも費用的にも時間的にもなんらためらいはありません。

外は雪でも映画で気分を逸らすことができれば安いもん。凝り固まった頭をきっとほぐしてくれることでしょう。

カメラにワクワクした自分を思い返してみる

私はカメラ趣味肯定派で、このブログにも別にあるホームページにもカメラについて少し書いています。
カメラの楽しみは外へ出て写真を撮ることなのですが、幸いなことに私は機械いじりが好きで、カメラも小さな機械といえるし眺めているだけでも楽しいものです。
普段より、部屋の温度を高めに設定してコーヒーでも飲みながらカメラ雑誌でも眺めてるのも気分転換にはなるでしょうね。

寒い朝に降り積もる雪を見ていると、そんな自分自身のことすら見失ってできないものばかり目につくものです。今日もこの記事を仕上げる頃には雪のない街にいますが、自宅の周辺は気温が高い日が続いても全部溶けるまでに三日はかかりそうなほど積もってます。

雪で思い悩む日もそうは続かないもの

あれこれと考えて見ましたが、私のこんな心配ごとよりも時間の経過は更に優秀なことでしょう。
ここに書き留めておけば、先々に私のヒントにはなるんじゃないかと思っています。
そして、ある程度自分がしたいことがはっきりしていれば焦らず、この先もより楽しめる趣味が見つかったりするんじゃないかと(なんちゃって)。


そうだチリツモ日記を書こう!きっとそれが良い習慣2016その4

昨日、11月23日に地元で初雪が降りました。そして今日24日には東京で雪が降ったとか、積雪があった、無かったで大騒ぎだったようです。
そんな、寒い日が続いておりますが私はあることに気がつきましたよ。

これはたぶん秋が寒かったせいだ11/24

気のせいかも知れませんが、今年はそこらに生えてる背高泡立草「セイタカアワダチソウ」の育ちが悪くあまり目立たなかったのではないでしょうか?
10月も寒い日が多く、11月にいたっては12月並みの気温の日もあり、背高泡立草に限らず雑草全般がほどほどな育ちようで良かったと感じてます。
ただ単に、忙しくて良くないものが視界に入って来なかったのかも知れませんが、それはそれでよかったと思っています。

七五三て何時だっけ?11/15

今朝、会社で周りの人に「七五三って何時(何日)だっけ?」と話しかけたら、15日だよと答えられる人がいなかった(マジかよ)。私は一応知ってましたが、ネタ振りと言うか”朝の眠気覚まし提供”的な狙いで話しかけたんですがね。

この場合に考えられる事

  1. 本当に七五三の日にちを知らなかった(もとから知識として得ていない)
  2. 自分の家に該当する年齢の子供がいないからいちいち覚えてられなかった
  3. そもそも、そういった文化には興味がなかった

以前から、11月15日にこだわらない人が多かったかもしれませんが、これはまだまだ一般知識の範囲だと私は思ってたので少々がっかりです。
ハロウィンでは馬鹿騒ぎするけど、よその家のガキンチョには興味が無いってことでしょうかね?(たぶん口に出して言っちゃいけないこと)

そして、昨日はスーパームーンとやらで夜に何度か外を見ては分かりきってる現実を確かめてました。きっとこういうのも若さのうちです。

ようやく紫陽花に手をつけました11/7-2

なんと、11月だというのにアジサイの刈り込みをしました。「そのうちやろう、そのうち」が今日まで伸び伸びです。アジサイの葉が全て落ちてしまうと、落ち葉を片付けたくなるのでその前にはやらなくてはと本日手を付けた次第です。
本当は咲き終わってから直ぐに思いっきり刈り込んでやるのが良いのでしょうけど、この時期に選定したら来年の花はどうなるのかな?

だいぶ早いけど立冬の日にタイヤ交換をする11/7

今日、11月7日(月)は立冬です。今朝の最低気温は1.8℃とのことで、まるで12月の寒さ、初霜も観測されたそうです(平年より2日早い)。
だからという訳ではありませんが、今日車のタイヤを冬タイヤに交換しました。車検のための整備を自分でやるためにタイヤを外したついでに、「どうせだからスタットレスにしてしまえ!」という判断になりました。まわりはまだノーマルタイヤの車ばかりで少し恥ずかしいような気もしますが、遅いよりは早いほうが良いかもしれません。昨年なんかはタイヤ交換作業が寒かったので、暖かいうちに済ませておけば良かったと後悔していたので丁度いいでしょう。
天気が良かったら、買い物なんかは歩いて出かけても良いしね。

さすがに11月なもので山に雪が見えるようになりました11/2

今朝、遠くの山を見たら山頂付近が雪でうっすらと白くなっていました。気温は一桁代の前半で、そんな寒い朝をむかえたわりには午後からは風もなく過ごしやすいです。
夕方はまたぐっと冷え込みそうですね。
※翌日の新聞に載っていたようで、この日11月2日(水)は吾妻山に初冠雪が観測されたそうです(平年より10日遅い)。


慌てて出発する私はももっとプランニングを楽しんだほうが良い

ホームページを作り、ブログを書くようになってから来月で1年が経とうとしている。そしてこの1年はWebでの自己表現のテーマに概ね沿った形で過ごすようにしてきました。時間があったらこまめに外へ出歩き、食を楽しみ、良い習慣を持つように努めることを意識しこれからも生活していこうと考えています。
最近気が付いたのが、この「散歩と小旅行、食、良い習慣」の3つのテーマのうち、小旅行を楽しむことについて私は不慣れでぎこちない面があるようです。仕事のモヤモヤから逃れるために時間があればふらっと外へ出かけることは、自分としてはかなり良いストレスの解消になることが分かりました。しかし、慣れている人の普通の旅というのは少しばかりの計画性(プライベートなのでガチガチのプラン尽くめはないことでしょう)があって、きっと旅の予定づくりも楽しみの一つではないかと思うのですが、まあ正解でしょうね。
そして私も旅の予定について少しばかり考えてみます。

いつ出かけるのか?

どこへ行くのかにもよりますが、まずは日程を設定しなければなりません。多くの大人の場合、旅先での旬の食なんかと絡め季節を考慮することが多いと思います。私の場合はいつでもすぐに出かけられれば嬉しいなという考えでしたので、その辺が大きな違いですかね。でも、時には漠然と非日常を求めて外へ出ることも自分をワクワクさせてくれるものと信じています。

何処へ行くのかと何をするかはその時々で優先順位変わる

思考が仕事のままだと、まずドコか?を先に考えたりしがちですがプライベートでは「何がしたいのか」をきっちり決めたほうが旅を楽しめるかなと思います。そして私の場合は「タウンウォッチング」と「人ごみに浸る」ということになります(結果的には人間ウォッチングになっちゃってますが‥)。
そんな私も行先を選定する旅というのを全く考えなくもないです。そして、それは一例を挙げると新潟のことだったりします。
日本海が見たい→新潟、美味しいものが食べたい→新潟、酒が美味い場所→新潟、もちろん私が好む雑踏もあり、新潟市の町は結構デカいです。こう考えると私の中で新潟にはやられっぱなしですね。ただ、私のWeb上でのテーマは小旅行!新潟まで行ってしまうとそれは小規模な旅行ではなく「立派な旅行」になってしまいます。でも行ってみたい場所があるって良いことですよね。

行った先では写真を撮る

ブログでも何度か書いていますが、男の趣味はカメラしかないと思っています。上に書いた「何をするか」とダブりそうですが、カメラを持ち歩くことはすべての旅の共通目的にしたいと考えています。ただし、本格的なものを持ち歩こうとすると荷物が増えるので、そこはコンデジでも満足しようと思っています。

こう来たら流れ的に次は予算の話になりそうではありますが‥

※また、いつも通り中途半端な閉じ方ですが例によって暇を見て続きを編集したいと考えています。そして今日の空いた時間で次の旅についてプランを練ります。だって実践するのが一番大事ですよね、行先は行き慣れたいつもの場所です。