夏の冷たい甘さにエスプレッソ

7月の最終日が本物の夏だと決めています。
そして梅雨がなかなか開けない夏真っ盛りのこの日に届けたい甘くてほろ苦い組合せ。

夏だからこそ口にしたい冷たい飲み物があります。それとは対照的に、暑い日には気づかぬうちに遠ざかってしまうのが暖かいコーヒーですね。

冷たくて甘いものにちょっぴり苦みが欲しい

甘い飲み物にはエスプレッソ

実は夏に飲む冷えた甘い飲み物とエスプレッソの組み合わせがコッソリと気に入ってしまってます。

たまには甘い飲み物も悪くはありませんが、口の中に残る後味がいつまでも甘いままだと大人としては少し違和感を覚えるかもしれません。

以前に、加齢により口の中の唾液が減るのも虫歯になりやすくなる原因なんだとか耳にしたことがあります。

だとすると、大人は口の中に甘ったるさが残りやすいとも考えられます。
こんなときエスプレッソを口にすることで、残った甘味が中和されてほんのりとした苦味を口の中に残してくれると丁度良い感じがすると思うのですがどうでしょう。

夏こそエスプレッソを楽しむ良い機会

コーヒー屋さんでエスプレッソを注文すると、想定外の小さなカップで渡されるのが気分的に落ち着かないものです。

あの器は、はたしてどういった場面に合うものなのでしょう?

気分にマッチする組み合わせ

エスプレッソの小さいカップは、ゆっくりくつろぎたい気分なのにケチなものを注文してしまっているようで、気持ちと格好のバランスが合ってないイメージです。

周りは他人のことなど気にしないものでしょうが本人の気持ちが落ち着きません。

そんなところに甘い飲み物を組み合わせてやれば、それだけで贅沢な気分になれはしないでしょうか。

本来は甘くして飲むもの?

私は良く知りませんが、イタリアなどではエスプレッソに砂糖を入れ甘くして飲むのが普通のようです。
ならば、直接砂糖を入れるのではなく横に甘いものを添えるという楽しみ方があっても不思議じゃないですよね。

砂糖が入った甘いものを口にしたいと思ったとき、いざ口にしてみたらやっぱり甘すぎたとか、香ばしいものが恋しくなるようなときにエスプレッソの香りの利いたほろ苦さは結構合うと思うのです。

役割的には握り寿司に添えられる生姜のうな感じです。

「甘い飲み物は普通に飲むけど、ほんのりした苦味が好き(だけど抹茶アイスは邪道)」なんて人にはオススメです。【他に妥当な表現の仕方が思いつきませんでした】

私などは、機会があったらアイスクリームとの組み合わせなんかも試してみたいと考えているほどです。

こだわり過ぎない自由なスタイルこそ至福

どんなことでも基本通り正当な手法で楽しむのが一番ではありますが、すべてにおいて教科書通りに済まそうとすると疲れてしまうし楽しみどころがありません。

ことエスプレッソの楽しみ方なんぞ知らないのが一般的でしょうし、ここは夏の新しい楽しみ方の一つに冷たく甘いものを横に添えながらエスプレッソの香りを楽しむことも良いと思います。

もし気に入れば、夏の楽しみが一つ増えることになりますね。

甘さと苦味の美味しい組み合わせ。想像してみてイケるかもと思う方など、興味があれば一度試してみてはいかがでしょう。


スポンサーリンク

アパ社長カレーをこんな風に食べました

先月ホテルへ宿泊した際にレトルトカレーをもらってきたことをブログに書きましたが、今日ようやくその「アパ社長カレー」を食べることにしました。

「昨日もカレー食ってるじゃねえか!?」とか聞こえてきそうですが、それは気のせいです。

本日の食卓

個性的なパッケージのアパカレー

アパ社長カレーのパッケージ

ホテルのフロントでカレーもらえるよと言われ続けても、頑なにポイントの付与に拘り続けてきた私がレトルトカレーを断れなかった訳は記事に書いた通りですが、果たしてこのカレーはどんなもんなんでしょう。

箱を見ると、モンドセレクション銀賞受賞なんて書いてあったりします。

お湯を沸かしながら玉ねぎを刻む

スーパーで新玉ねぎを手にしたら、このカレーの事を思い出しました。

新玉ねぎをきざむ

多分私は、新玉ねぎが好きなんだと思います。

フライパンにバターを入れ新玉ねぎを炒める

北海道バター

たまにバターを使ってみたいと思うときってありますよね?今日の私はそんな気分。
北海道バターというのを買ってきましたが、バターって塩が添加されてないものと「加塩」と書かれた塩が混ざってるものがあるんですね、知りませんでした。

バターで玉ねぎを炒める

新玉ねぎなのでシャキシャキ感が程よく残る程度にしておき、あとは隣でレトルトカレーを温めることにします。
たぶん私は毎年この時期に、同じような「新玉ねぎ炒めカレー」を作るんでしょうね。

レトルトカレーを旨く召し上がっちゃえ!

カレーライスに餃子という荒業

いよいよメインとなるトッピングの登場ですが、何のことはありませんスーパーで買ってきた餃子を乗せちゃいます。

なぜ餃子かと申しますと、このブログ相変わらず餃子の記事が人気のようですので、それにあやかりたいという意味での餃子になります。

カレーに餃子

ちょっと器が小さすぎたようです。作った人が作った人だけに素が出てしまったのでしょう。
正直な感じで良いですね。

食べてみた感想ですが、カレーも餃子も味が濃いもの同士を一緒にするとどうにもクドイ感じを受けますが、想像していた通りとも言えます。
フライパンに残ったバターはトッピングした餃子にも直接かけてみましたが、我ながらこの発想は良かったのではと思っています。

気になっていたアパ社長カレーを食べ切りミッション達成ですが、レトルトカレーとして見るこのカレーはパッケージから受ける微笑ましさの印象とは少し違って美味しく感じました。
今回はいろいろと細工をしてしまいましたが、具を一緒に煮込んだわけでもないのでカレーそのものの味が分からなくなることもなく美味しく食べれました。

さて、食を楽しんだ後は次の小旅行を楽しみたいですね。

ホテルの宿泊費全額返金キャンペーンに当選しタダで宿泊できた話


スポンサーリンク

マーボー焼そばなる伊達な文化を食してきました

仙台へ行った時に「マーボー焼そば」なんてのを食べてきた話です。
聞いた感じ、焼きそばの上に麻婆豆腐が乗っかってんのか?と想像できますが、果たして味は如何なものなのでしょう。

初めて耳にするマーボー焼そば

最近はプライベートで仙台へ出かけることがある私ですが、少し前に仙台市内の中華料理屋では麻婆焼きそばというメニューがあるとテレビ番組でやってました。

私は「ふーん‥どうせ、せり鍋なんかと同じで色々と話題を作って売り出したいんだろ」などと思ったのですが、まあ、発想が悪くないですし組み合わせも面白そうです。

文句ばかりで、新しいものを否定する大人は印象が良くないものです。
そんなことで、その「マーボー焼そば」なるものを食べてみることにしました。

さて何処の中華料理店で食べれるのか

マーボー焼そばを食べる決意はしたものの、はてどこの店に行けば食べれるのでしょう?

とりあえず、休日に仙台市内を歩き自分で歩いて探して見ることにします。
この日は土曜日でしたが、午前中に街中を散歩する感じで探し歩きます。場所は国分町付近でしたが、表にマーボー焼そばと書いてる中華料理屋1軒目を探し当てるのに時間はかかりませんでした。

最初の一軒目に挑戦してみる

難なく探すことができた最初の店に入ってみることにします。昼時でしたし、あまりウロチョロしても二軒目がすぐに見つかるとは限りません。

見た感じ、とても新しくは見えない店ですので味も接客もソコソコではあるだろう。と考えながらイザ店に入ります。

席に着いて、迷わずマーボー焼そばを注文します。店内には3人組の女性客がいて、雰囲気はいたって普通の(大衆的な)中華料理店でした。

1軒目のマーボー焼そば

注文後、ややしばらく待ったあとに私の元にやってきたマーボー焼そばがこちらです。
雰囲気が五目焼そばに似ていますね。

味のほうは、麻婆豆腐の味が勿論しますが、焼そばはオイスターソースの味ですかね、料理に詳しくないので自信がありませんが、よくある中華丼の風味がしました。

見た目も違和感なくマッチしてまして、美味しかったです。ただし、ここのお店のは胡椒(山椒?)がかなり振ってあって辛く感じました。幸い私は辛さをあまり感じないほうなので、完食できましたが辛いのが苦手な方にはどうかなといった感じです。

日を改めて二軒目を探す

私としては、一軒目が不味かったわけではないのですが、もう少し冒険してみることにしました。

次は平日の昼、仙台駅西口付近を歩いて見つけた店です。特定のメニューを出してる店を、ネットを使わず自分の足で歩いて簡単に探せたのは幸運なのか栄えた街だから当然なのかはわかりませんが、早速入ってみます。
カウンターに座り、ここでも迷わずマーボー焼そばを注文します。お店の名前は「泰陽楼」。

泰陽楼の麻婆焼きそば

昼時なのは勿論のこと、このお店は混んでます。わりと人気店なのかも知れません。手元にマーボー焼きそばが届くまでやや時間がかかりました。

味の方は、見たままで麺に麻婆豆腐が乗った麻婆豆腐の味が強いですが、食感も麺の下味もやはり中華な雰囲気です。それと、私個人としては焼そばがあるなら豆腐は少なめか無くてもいいと思っちゃいますね。そうです私、ご飯に麻婆豆腐は絶対にかけない派なんです。

あおば餃子も一緒に注文

それから、仙台では「あおば餃子」というものがあるらしいです。流石にここまで聞くと、三角油揚げで留めといたほうが良くないか?と言いたくなります。

牛タンがあって、お土産に萩の月あるんだから、それ以上は欲張り過ぎな印象が否めません。

とは言え、来る者拒ますの姿勢で望む気持ちのデカイ寛大な私はあおば餃子も食すことに‥

仙台あおば餃子

中身の具に青物野菜が入ってるとかで、あおば餃子なんだそうです。まあ、青葉城の青葉を採ってのネーミングなんでしょうけど、こちらも流石に中華料理屋の餃子だけあって中々の美味しさです。

外にのぼりが出ている店もある

二軒目の泰陽楼だったと思いますが、外にマーボー焼そばやってますのようなのぼりが出てました。
店によっては同じのぼりを出してると思われます。ちなみに一軒目では店内にマーボー焼そばの広報ポスターみたいなのが貼ってありました。

マーボー焼そばのぼり

さて、今回のマーボー焼そば食べ歩きですが、中々ほかでは食べられないユニークなものです。
もとは、まかないで出された食事なんだとか(未確認ゆとり情報源)そんな話も耳にしたりと、話の種にでも食べて見るのも良いでしょう。

牛タン定食よりも気軽に食べれる価格でもありますし、私も気が向いたら豆腐少なめなどを探しながら、また挑戦しょうと思います。


スポンサーリンク