アパ社長カレーをこんな風に食べました

先月ホテルへ宿泊した際にレトルトカレーをもらってきたことをブログに書きましたが、今日ようやくその「アパ社長カレー」を食べることにしました。

「昨日もカレー食ってるじゃねえか!?」とか聞こえてきそうですが、それは気のせいです。

本日の食卓

個性的なパッケージのアパカレー

アパ社長カレーのパッケージ

ホテルのフロントでカレーもらえるよと言われ続けても、頑なにポイントの付与に拘り続けてきた私がレトルトカレーを断れなかった訳は記事に書いた通りですが、果たしてこのカレーはどんなもんなんでしょう。

箱を見ると、モンドセレクション銀賞受賞なんて書いてあったりします。

お湯を沸かしながら玉ねぎを刻む

スーパーで新玉ねぎを手にしたら、このカレーの事を思い出しました。

新玉ねぎをきざむ

多分私は、新玉ねぎが好きなんだと思います。

フライパンにバターを入れ新玉ねぎを炒める

北海道バター

たまにバターを使ってみたいと思うときってありますよね?今日の私はそんな気分。
北海道バターというのを買ってきましたが、バターって塩が添加されてないものと「加塩」と書かれた塩が混ざってるものがあるんですね、知りませんでした。

バターで玉ねぎを炒める

新玉ねぎなのでシャキシャキ感が程よく残る程度にしておき、あとは隣でレトルトカレーを温めることにします。
たぶん私は毎年この時期に、同じような「新玉ねぎ炒めカレー」を作るんでしょうね。

レトルトカレーを旨く召し上がっちゃえ!

カレーライスに餃子という荒業

いよいよメインとなるトッピングの登場ですが、何のことはありませんスーパーで買ってきた餃子を乗せちゃいます。

なぜ餃子かと申しますと、このブログ相変わらず餃子の記事が人気のようですので、それにあやかりたいという意味での餃子になります。

カレーに餃子

ちょっと器が小さすぎたようです。作った人が作った人だけに素が出てしまったのでしょう。
正直な感じで良いですね。

食べてみた感想ですが、カレーも餃子も味が濃いもの同士を一緒にするとどうにもクドイ感じを受けますが、想像していた通りとも言えます。
フライパンに残ったバターはトッピングした餃子にも直接かけてみましたが、我ながらこの発想は良かったのではと思っています。

気になっていたアパ社長カレーを食べ切りミッション達成ですが、レトルトカレーとして見るこのカレーはパッケージから受ける微笑ましさの印象とは少し違って美味しく感じました。
今回はいろいろと細工をしてしまいましたが、具を一緒に煮込んだわけでもないのでカレーそのものの味が分からなくなることもなく美味しく食べれました。

さて、食を楽しんだ後は次の小旅行を楽しみたいですね。

ホテルの宿泊費全額返金キャンペーンに当選しタダで宿泊できた話


スポンサーリンク

マーボー焼そばなるもの食べてきた俺はきっとイケている

仙台へ行った時に「マーボー焼そば」なんてのを食べてきた話です。
聞いた感じ、焼きそばの上に麻婆豆腐が乗っかってんのか?と想像できますが、果たして味は如何なものなのでしょう。

初めて耳にするマーボー焼そば

最近はプライベートで仙台へ出かけることがある私ですが、少し前に仙台市内の中華料理屋では麻婆焼きそばというメニューがあるとテレビ番組でやってました。

私は「ふーん‥どうせ、せり鍋なんかと同じで色々と話題を作って売り出したいんだろ」などと思ったのですが、まあ、発想が悪くないですし組み合わせも面白そうです。

文句ばかりで、新しいものを否定する大人は印象が良くないものです。
そんなことで、その「マーボー焼そば」なるものを食べてみることにしました。

さて何処の中華料理店で食べれるのか

マーボー焼そばを食べる決意はしたものの、はてどこの店に行けば食べれるのでしょう?

とりあえず、休日に仙台市内を歩き自分で歩いて探して見ることにします。
この日は土曜日でしたが、午前中に街中を散歩する感じで探し歩きます。場所は国分町付近でしたが、表にマーボー焼そばと書いてる中華料理屋1軒目を探し当てるのに時間はかかりませんでした。

最初の一軒目に挑戦してみる

難なく探すことができた最初の店に入ってみることにします。昼時でしたし、あまりウロチョロしても二軒目がすぐに見つかるとは限りません。

見た感じ、とても新しくは見えない店ですので味も接客もソコソコではあるだろう。と考えながらイザ店に入ります。

席に着いて、迷わずマーボー焼そばを注文します。店内には3人組の女性客がいて、雰囲気はいたって普通の(大衆的な)中華料理店でした。

1軒目のマーボー焼そば

注文後、ややしばらく待ったあとに私の元にやってきたマーボー焼そばがこちらです。
雰囲気が五目焼そばに似ていますね。

味のほうは、麻婆豆腐の味が勿論しますが、焼そばはオイスターソースの味ですかね、料理に詳しくないので自信がありませんが、よくある中華丼の風味がしました。

見た目も違和感なくマッチしてまして、美味しかったです。ただし、ここのお店のは胡椒(山椒?)がかなり振ってあって辛く感じました。幸い私は辛さをあまり感じないほうなので、完食できましたが辛いのが苦手な方にはどうかなといった感じです。

日を改めて二軒目を探す

私としては、一軒目が不味かったわけではないのですが、もう少し冒険してみることにしました。

次は平日の昼、仙台駅西口付近を歩いて見つけた店です。特定のメニューを出してる店を、ネットを使わず自分の足で歩いて簡単に探せたのは幸運なのか栄えた街だから当然なのかはわかりませんが、早速入ってみます。
カウンターに座り、ここでも迷わずマーボー焼そばを注文します。お店の名前は「泰陽楼」。

泰陽楼の麻婆焼きそば

昼時なのは勿論のこと、このお店は混んでます。わりと人気店なのかも知れません。手元にマーボー焼きそばが届くまでやや時間がかかりました。

味の方は、見たままで麺に麻婆豆腐が乗った麻婆豆腐の味が強いですが、食感も麺の下味もやはり中華な雰囲気です。それと、私個人としては焼そばがあるなら豆腐は少なめか無くてもいいと思っちゃいますね。そうです私、ご飯に麻婆豆腐は絶対にかけない派なんです。

あおば餃子も一緒に注文

それから、仙台では「あおば餃子」というものがあるらしいです。流石にここまで聞くと、三角油揚げで留めといたほうが良くないか?と言いたくなります。

牛タンがあって、お土産に萩の月あるんだから、それ以上は欲張り過ぎな印象が否めません。

とは言え、来る者拒ますの姿勢で望む気持ちのデカイ寛大な私はあおば餃子も食すことに‥

仙台あおば餃子

中身の具に青物野菜が入ってるとかで、あおば餃子なんだそうです。まあ、青葉城の青葉を採ってのネーミングなんでしょうけど、こちらも流石に中華料理屋の餃子だけあって中々の美味しさです。

外にのぼりが出ている店もある

二軒目の泰陽楼だったと思いますが、外にマーボー焼そばやってますのようなのぼりが出てました。
店によっては同じのぼりを出してると思われます。ちなみに一軒目では店内にマーボー焼そばの広報ポスターみたいなのが貼ってありました。

マーボー焼そばのぼり

さて、今回のマーボー焼そば食べ歩きですが、中々ほかでは食べられないユニークなものです。
もとは、まかないで出された食事なんだとか(未確認ゆとり情報源)そんな話も耳にしたりと、話の種にでも食べて見るのも良いでしょう。

牛タン定食よりも気軽に食べれる価格でもありますし、私も気が向いたら豆腐少なめなどを探しながら、また挑戦しょうと思います。


スポンサーリンク

回らない寿司屋での迷わないスキル

最近、食の情報を発信することは楽しいなんてことをメインサイトへ書き込んだりしてました。

そんなこともあって、今回は迷わず堂々と寿司を食べてきた話です。

憧れのままに済ませていては暖簾のくぐり方すらぎこちなくなる

回らないお寿司屋さんと言えば、財布の中身と十分な相談が必要になることもあり敷居が高く感じてしまいます。そして、大人の立場としては、子供の前ではそういう所だとの常識を教え込んでおくことが健全な家計へと繋がることでしょう。

しかし、そんな大事な心構えが継続されるうち、いつしか回らない寿司屋とは疎遠な関係となり、縁が遠ざかってしまうものです。こうした末期症状を迎えないためにも、自分で好機と思えるタイミングを見計らい寿司を食べに行くのが良いと思われます。

思いつきだけじゃ行きにくいのが寿司屋

すでに本格的な寿司屋とは縁遠くなってしまっている人にとっては、久しぶりに行く回らない寿司屋は実にハードルが高く感じるのではないでしょうか。

いつしか気軽に入れる寿司屋は回転寿司になってしまって、次に余裕があったら回らないほうへ行ってみようと思いつつも、次の機会も行くのはやっぱり入りやすい回転寿司。

悪循環というのは気づかずに始まることが多いようです。寿司の話に限らず、そのような兆しが感じられたなら早めの手当てがよろしいでしょう。

気になる店選びはどうするか

雑誌を見るなりするほかには、駅前などわりと人通りの多いところにある店などは極端に高いところは少ないのではないでしょうか。それと私が思うに、古すぎない開業してから数年の店を選んだほうが品の良い常連客に威圧されず(そんな感じを受けず)安心できると思われます。

いざ入店後にも気後れしない心構え

今回、私が行ってきた店は商業ビルの2階にある玄関も内装もわりと新し目の回らないお寿司屋さん。

まず、白木が目立つ店内というのが回転ずしのそれとは雰囲気が異なるので、このへんは慣れない空間に臆するよりもちょっぴり高級な店に入れた現実を大いに喜ぶべきでしょう。

魚の漢字くらいは覚えようよ

あまり高級すぎる店より、やはりメニューの置いてある寿司屋のほうか安心できます。しかし、メニューがあったからと言って油断はできません。普段目にしない魚の名前の漢字が並んでいたら焦るかもしれません。

私の場合も御品書きを見つけてホッとしたものの、魚の名前が読めなければ注文は難しいです。幸い、鰯と鯖はしょっちゅう缶詰でお世話になっていて迷いません。そもそも高級感のある店では、そんなに数多く頼む人はいないので数種類読めれば大丈夫でしょう。

お酒も美味しかったので記憶に残っているところで次のものを握ってもらいました。

  • 金華鯖、うに、中トロ(塩釜産)
  • のど黒(長崎産)
  • 帆立(北海道産)
  • 芽ねぎ、アオリイカ、車海老(気分良すぎて産地覚えてない)

ほかにも食べたのですが、いちいちメモをとってたら味に集中できないのでこんなもんでしょうね。

肝心の写真が撮れる雰囲気ではない

寿司屋のカウンターに座ってスマホでにぎり寿司の写真を撮るというのは、わりとイケてない行為であります。けれども、私のサイト運営のテーマの一つとして「食で満ち足りる」というのがあって、美味しいものに出くわしたなら、そこは是非写真として納めておきたいものです。

のど黒の寿司

ここは割り切るしかありません。何といっても回らない寿司屋は庶民の憧れでありますから、ここは迷わず重要ネタを写真に撮ることにします。

味わうことだけに徹してみたい

美味しいものを食べると気持ちが満たされ同時に満腹になります。しかし、寿司屋に限らずせっかく普段入らないような店に行ったなら、他でも得られる満腹感のことは意識せず味わうことのみに徹してみたいものです。

気が付けば醤油を使っていなかった

実は私、ここの寿司屋で会計を済ますまで、醬油皿に一滴もしょうゆを注ぎませんでした。にぎり寿司に塩(なんとヒマラヤ岩塩)がふられていたり、アナゴはタレで食べたりで素材の味を生かした味付けがすでになされているものばかりで醤油の出番がありません。寿司屋で醤油を使わなかった生まれて初めての体験でした。

肝心の引き際こそ迷ってはいけない

回らない寿司屋の楽しみ方も人それぞれですが、満腹感よりもネタの産地を思いながら味を堪能することがメインと考えるべきですね。満腹感は別に寿司屋じゃなくても食べ放題の焼き肉店などで楽しむことができますから、そちらが良いことでしょう。

そうは言っても、食べ方はガリを適度に口に運ぶなど工夫したつもりが、酒の量の調整が上手く行きません。
最初に浦霞(宮城県の酒です)を一合頼んだのですが、家にいるときと同じ調子で飲んでしまったものだから、寿司を食べるペースにうまく合わせることが出来ずに追加で一合頼んでしまい、その分多く寿司を握ってもらう結果となってしまったのです。
美味しい酒なので少量で済ませることができたはずですが、この辺が慣れていない初心者ですね。

当たり前かもしれませんが、旅先の店で酒を飲む場合、事前にその土地の酒を調べておくといいと思います。ふだんから、酒に詳しいという人は別ですが、私みたいに知識がない人は注文前に迷ってしまって店の雰囲気を味わうどころではなくなってしまう恐れがあります。

慣れない場では気取らない

普段から、お茶を「あがり」と呼ぶ必要はないし、お会計を「おあいそ」とも言わなくても通るだろうとは思っていましたが、その通りで今回いった店では、いわばお寿司屋用語とでも言えそうな言葉は一つも口にすることなく済みました。
むしろ、そこに気を使うほどの店には行っては行けないことでしょう。たぶん楽しくありません。

これは間違いなく大人が楽しめる食事でした

今回の食わず嫌いならぬ「入店せず嫌い」を乗り越えた話ですが、満腹感ではなく味で満たされる心地よさというのは、食後に清涼感みたいなものを感じます。
それから、寿司や酒と一緒に置かれる食器や徳利なども回転寿司とは違った、ちょっと良いものが使われてます。新鮮な味のほかにも店内のくつろげる空間を堪能し、そこで過ごす時間をも楽しめればそれは最高のひと時だと言えることでしょう。


スポンサーリンク