金曜日の夜に新幹線に乗ってみたら割りと満足できたのさ

今年は年度末の31日が金曜日だった。社会人の方で新年度から職場環境がガラリと変わるという人にとっては切替の準備にとても良かったことでしょう。

夜の仙台駅

私には戸惑うほどの変化はなくて、それは良いことだろうと受け止めていたところです。そして、年度末であるとはさほど意識せず翌日がちょうど休日だったため、仕事が終わったらまたリフレッシュしに出かけようと考えていたところでした。

思い立ったが吉日と言えど儀礼には逆らえない

この先4月以降の予定などを考えると、3月中は通常よりも気分転換にはボリュームを持たせメンタル面に充分気を付けておいたほうが良さそうです。つまり、やってくる忙しさを考えるとこの辺で自己管理をしっかりしておくべきと判断する訳です。しかし当月のスケジュールをチェックすると小旅行の予定を入れても大丈夫そうなのは、この31日の金曜日でした。さして難しいことなど考えず宿の予約を済ませたのですが、今年はちょうど仕事場で退職者の見送りというのがありまして、この大事な行事が今年に限っていつもより遅い時間になってしまったのでした。
そうなんです、今回のプチ旅の予定は”けして文句を言ってはいけない事情”により数10分ほど遅れることになったのです。

遅れたら目的地への到着が遅くなるだけなんだけどさ

小旅行の交通手段は、いつもと同じJR線を使う予定でしたが遅くなったからといって車を使うメリットというのも考えてはみましたが思い当りません。
自宅からの出発が遅れれば、現地への到着が遅れるのはマイカーでも電車でも同じこと。
遅れを取り戻したいと考えた場合、使える手段は新幹線です。たかが100キロ未満の移動距離と申される方がいらっしゃるとすれば、その方は旅のベテランで私とは少し趣向の違った方と思います。そうなんです。私は結構ケチなタイプの人間なんでしょうね、なかなか新幹線を使ったことがありません。
退職者を敬う気持ちを持ちながら自分の時間も効率的に使うという、これまた大したことのない私にとっての難題の解決方法は新幹線だということに気づくのに時間はかかりませんでした。このままケチな性格は変わらないでしょうから、下手するとこの先に新幹線に乗る機会など訪れないかもしれないというのもあります。

ふだん私が見かけることのない通勤風景

そんなわけで約1年ぶりに新幹線へ乗ることに決め、乗車券へ特急券を追加購入しいざホームへ入ることにします。さすがの週末金曜日の夕方プラス年度末最終日、遠方から出張で来ていて今日は自宅へ帰るのであろう人が結構います。新幹線通勤の方との判別は荷物の多さですかね。
私から見て、この人たちは新幹線の達人です。その達人たちの行動で目に付いたのが新幹線の改札を通過した場所にあるコンビニがレジで長蛇の列を作っていました。見たところ2つあるレジへ10人ずつくらい並んでて店舗のエリアからはみ出す勢いです。ちょっとした食事などは、駅の構内のコンビニで買ったほうが移動の効率が良いのでしょうね。

福島から仙台までって20分で行けるんだねと思い出す

予定通りであれば乗れたはずの普通列車は18:35発の仙台行きでした。これに乗れていれば19:56には仙台駅に到着(86分かかる)できることになります。福島駅についたのが18:33でしたので、事前に切符を購入していたわけでもなく、乗り換えには神業のような猛ダッシュが必要でした。
この段階ですぐ乗れる下り(目的地仙台)の新幹線は18:38ですが、これも余裕がないので次の19:10発に乗ることにします。調べてみると仙台駅着は19:30となっていて、当初予定の在来線を利用した場合に比べ26分早く着けるようです。

今回確認しておきたかったお得な新幹線の乗り方

まあ、大人ですから新幹線の乗り方くらいは知ってはいるのですが、知らなかったのはお得に乗る方法です。新幹線を使って仙台へ行くのならお得な乗車券と特急券の組み合わせで利用したいと考えたことがあって今回はそれを試す機会でもあります。

福島仙台Wきっぷ
福島から仙台へのお得な切符と新幹線特急券

利用したのは、「往復で買うと割引になる乗車券」と「普通に買う特急券」の組み合わせで、どちらも迷うことなく機械で購入できたのですが、これって改札を通るとき重ねて入れるものなのか、一枚ずつ通すものなのか分かりません(分からなかったら聞けばいいんですけどね)。
記憶に残っている新幹線の切符は乗車券と特急券が一枚になったものです。

出発駅の改札で少し悩む

まず、乗るときですが在来線のホームへ入るときには乗車券のみを通せば通過できるのはいつもやってることなのでわかります。そして、理屈的には新幹線のホームへ入る改札では特急券だけ通せば良いのではと考えていたので特急券だけ入れてみた結果”通過できませんでした”。平静を装い、続けて乗車券を入れると改札のゲートが開き無事通過できました。このとき思ったのが乗車券と特急券を重ねて入れれば一発で通れたかな?ということです。次の機会にはちゃんと駅員に聞いてみたいと思います。

到着駅では少し勝手が違いまして

到着した仙台駅では在来線の改札を経ることなく、新幹線の改札から直接西口へ出られるような仕組みです。なので、ここでは当然に改札で乗車券も特急券も一緒に回収してもらう必要があるので、自信をもってJRの職員と思われる方に聞いてみました「重ねて入れても大丈夫ですか?」と、答えはやはり「ハイ」の一言です。
そうですね、もう次の日(一般的には月曜日)から新年度が始まり、”分からないことがあったらすぐ聞け!”という言葉が多く飛び交うことでしょう。なんかね、自分だけ知らないんじゃないかと思うと聞きづらいんですよね、特に周りが鉄道を使う通勤の達人まみれの時間帯なものでしたから。

金で時間を買ったついでに味わうことができる非日常

今回のこの記事にサブタイトルを付けるならば”上司を見送るのに時間がかかったがそれに文句言っちゃいけないので新幹線を使ったけど安く済ませたよ”になります。
当初の予定からは出発時間は遅れたものの、久しぶりの新幹線は乗り心地の良いものでした。窓からの眺めも座席の心地よさも普通列車とはやはり違います。景色が良かったというより感じ方が普段と違うものだったというのが満足度としては大きいものです。やはり新幹線も、余裕があればたまに利用したいものですね。
それから、今回思ったのが金曜日だからといって混雑を心配する必要もないのかもしれません。東京から乗車する人は途中の駅でだいぶ降りるでしょうし、私の住む町もこの4月から中核市へ移行することになっているそこそこの地方都市、それなりの数の人が駅で降りるのでここから先は座席に余裕があるのかもしれません。
前にどちらかに書き込んでいますが、私は結構人混みが好きなので今回のように休日には少し大きめの都市へ居場所を移したりします。
新幹線通勤などをしている人にとっては、これといって特別なことはない今回の話ですが、週末に仕事を終えてから新幹線に乗ることができる生活圏に住めていることと、こうした時間的にも恵まれた環境に感謝したいとあらためて実感したのでした。

関連記事

宿にチェックインしたら最上階だったから少し興奮したんだ

宇都宮に行きたくて朝から餃子を食べる

膝に傘を挟んでパン食う女と8月の列車


実はダイワロイネットホテルがお気に入りだ

もっぱらお世話になってるのは東横インあたりだったりしますが、今回はまた別のホテルについてです。私の家からは50kmほど離れた場所で、一般的に考えて宿泊を伴わなくてもいいかなと思われる距離にある郡山市なのですが、先月駅前にダイワロイネットホテルがオープンしたようです。

ダイワロイネット郡山

ということで話の種に早速泊まって来ましたよ。

わりと大きい都市にしかなかったんだよね

ダイワロイネットホテルは、今まで福島県内にはなくて福島市に出来てほしいと思ってたのですが、考えてみれば地元にあってもなかなか利用はしないものですよね。
今回できたホテルは昨年来たときには建設中で、こちらも前回投稿のアパホテルと同じく開業日がいつなのか気になっていたところでした。

交番の真ん前なんだな

オープンした場所はJR郡山駅の西口、大きな建物なのですぐわかりますが目の前に交番があります。昔は商業ビルが建ってた場所なんですが、よその街のことなのでよく覚えていません。
因みに、郡山市は人口30万人越えの中核市です。

新しいと戸惑うのは客だけではなかった

わりと近い場所なので、こんな私でも宿泊日当日の交通手段は車にしました、2月なのでさすがにバイクは候補に上がりません。
高速は使わず一般道で一時間とちょっとかなと見込み、途中の休憩のついでに駐車場の入り口が建物のどちら側なのか電話で問い合わせたりしてみます。
駐車場はホテルの南側から入るようで、駅前の通りを北から向かう場合は交番の前の交差点を右折、南から来た場合は左折で入ることになるそうです。
建物が新築なのでやはり新しい立体駐車場のシステムです。そして、このご時世を表すと言って良いのか失礼かもしれませんが、入出庫を担当するのは人生の先輩方のようです。
チェクアウトの際もでしたが、オープンしてまだ間もないので慣れるまで大変な様子でした。これは若い人でも最初のうち戸惑うことでしょう。

落ち着いた雰囲気がタマラナイ

車を入庫させフロントへ向かいチェックインを済ませますが、ロビーにはオープン祝い用と思われる花が沢山あって百合の香りが立ち込めています。

ビジネスホテルという位置づけ

ここのホテルは、客室はもちろんロビーも通路も普通のビジネスホテルより少し広いです。少しと言うか明らかに狭くはありません。そして派手な色合いのものは一切なく、かと言って地味過ぎない落ち着いた感じです。

新築ビジホの部屋

オープン初日の夕方には、地方のニュース番組で取り上げられていたのを見ましたが、その時に「ビジネスホテルがオープンしました」という言い方をしていたので、ビジホのくくりで間違いなさそうですが目につくものやサービス全てが”チョット良いもの”です。
ワンランクとまで行くか行かないかのチョット上な感じが遠慮することなく利用できて良いですね(但し価格はそれなり)。

ふむふむこれはレインシャワーというやつなのか

もしかしたら全室標準の装備ではないのかもしれませんが、私が予約した部屋ではお風呂とトイレに仕切りがあって、やはり普通のビジネスホテルよりは広いです。

ビジホの風呂にしては広い

それと、レインシャワーというらしいですが、浴室の天井から直にシャワー出てくるようになっていて、確認なしにシャワーの蛇口をうかつに回すと、ホースの先からではなく天井からダイレクトに出てくるシャワーを被ってしまいます。私も記憶にないだけで他で何度かやらかしています。

レインシャワーシャワーの注意書

こういう設備があるとリゾートホテル並みだなという感じもしますね。

客が焦るエレベーターのおまじない

最近はセキュリティーの面からホテルのエレペーターを使うのにカード式のルームキーが必要だったりするようです。
同じダイワロイネットホテルの仙台では、エレベーターを使う際に客席のフロアへのボタンは、ペナペナの薄っぺらいカード式ルームキー兼会員証を差し込む必要があって、その読み込みの調子が良くなくて何度か慌てたことがありました。
この新しいホテルでは、ルームキーは非接触式のいわゆるかざすタイプのルームキーがチェックイン時に渡され、ルームキーは会員証とは別物になっておりエレベーターではこの非接触式のカードを使用することになってました。
私が外出から戻ってきたときに、チェックインを済ませ同じエレベーターに乗り込んできた若者カップルはこのエレベーターのシステムを理解しておらず。客室階のボタンが押せず戸惑っていたのですが、私がお節介を発揮し優しく教えてあげました。フロントのスタッフも新人を起用(私がチェックインしたときは気になってしまう程な大人の女性でした)していた場合、エレベーターの利用の際にカードキーが必要なことの説明を忘れてしまっていたのか、それよりも、この若いお二人はこれから過ごす二人の時間で頭がいっぱいな状態でチェックイン時の説明など耳に入らなかった可能性が大いにあります。結婚間近とか、新婚のカップルってのは周りにまき散らす独特の”幸せ絶頂感”が半端なく今回のお二人もたぶんそれなんでしょうね。大人になりすぎると他人のことまでいろいろ分かってしまいすぎて複雑な気分です。

そして気になる窓からの景色は

夜は、外に見える駅を眺めながらビールなどを飲んでみました。

窓から夜の郡山駅

こうして多くの人が行き来しているのを眺めているのが好きなんですよね。

駅前のビジホの窓から

明るい時間だと駅の背景に見える山が気になりますが、郡山市はこちらの西口側が栄えていて東口はわりとさっぱりした感じです。

美味しい食事ができるテナント

さて、新しい建物の中にはテナントが何件か入っていて中でも目立っていたのが牛タン屋の「利久」です。同じダイワロイネットホテルの仙台でも牛タン屋が入っていましたがあちらは「司」というお店でした。

牛タン定食郡山の牛タン利休

話題先取りのために早速牛タンを食べに利休向かうわけですが、オープンしたてとのこともあってか私が行ったときは遅めの昼食だったのに店内は満席で席に案内されるまで少々時間がかかりました。
テナントは他にも和食の店が一軒と1階にはドトール(水戸のダイワロイネットホテルではタリーズだったかな?)とコンビニ、それから寿司屋なども入っていました。

ビジホで寿司

写真は翌日のチェックアウト後に入った寿司屋での昼食です。

泊まるだけでも楽しく感じる空間

多くの人にとってビジネスホテルは仕事や所用を済ますために宿泊する場所でしょう。観光などで泊まるなら別ですが仕事で行った先の宿泊ってのは非日常を味わうどころかどうしても仕事を引きずります。少なくとも私はそうですね。

交差点から見るダイワロイネットホテル

人によってはリラックスしづらい場所であるかもしれませんし、癒しや楽しさも求めるなら別な手段があることでしょう。でも、仕事やプライベートで躓いてしまったときに、気分転換の方法を探すのって難しいものですよね。静かで落ち着いた空間を求めるためだけにこういった施設を利用するのもアリだと私は考えております。
そして、ここのホテルはちょっとイイですよ。書いてるうちにまた行きたくなりました。

関連記事

ビジホの無料体験宿泊会に当選したので泊まってみました

地元にアパホテルができるというので、開業日がいつ頃なのか公式サイトをチェックしていたら、オープン前に無料体験宿泊会が実施されるらしい。

工事中のアパホテル福島
建設中に撮った写真2016年10月福島駅西口

素泊まりとのことですが、新しいホテルにタダで泊まれる話なので興味津々で応募してみたところ‥

割りと当たるもんなんじゃねーの

この無料体験宿泊会は、指定された宿泊日の数日前に当選の連絡が来るとのことで落選の場合は何も連絡はないようです。
今まで、オープン前の無料宿泊とか聞いたことがなかったし、こんな機会はあまりないことなので少々迷いはしたものの公式サイトから応募の手続きを済ませたのでした。
抽選結果が通知される日をワクワクしながら待つわけですが倍率はどれぐらいのものなのでしょう。私自身、無料体験宿泊会とか初めて聞いた話なので、こういったイベント的なものが最初からあると知っている人とか、私のように偶然サイトで見つけた人で、尚且つ当日(平日でした)都合が良い人が応募することになるでしょうし、結構当たるもんなんじゃないのかなと楽観しながら抽選日を待つことにしましたよ。

この当選メールは本物だよね

応募から約一週間、当選発表の日を待ちに待った訳ですが、抽選日になって午前中に二度ほどメールチェクをしましたが連絡は来てなかった様子、この手の通知は早い時間なのか昼以降なのか知りませんが、その後は翌日までメールのチェクをし忘れてしまいました。次の日に思い出して、もしかしたらとスマホを覗いてみたら「ご当選のお知らせ」とタイトルの入ったメールが届いているのを確認。
運が良いのか必然なのかわかりませんが、考えてみると私はこの手の抽選ものに応募したことが殆どありません。文面に私の入力した個人情報なども入っているので当選メールは本物のようです。
最近は、電子メールをチェクするためにPCを使う人も減ってきてるとは思いますが、後にパソコンでメールを整理してたら、PCのメーラーではタイトルの他にも文中に「ご当選おめでとうございます!」と入っているためか本文の上に”このメールは詐欺メールかもしれません”と表示されちゃってました。
まあ、丁度これが迷惑メールであるとは疑いはしませんけど、やはりPCのメーラーのほうが高機能ですね。

開業前のビジホはチェックインで少々ビビる

普段、刺激のない毎日を送っている大人にとって無料で宿泊体験できる今回の出来事は、かなり非日常的で魅力的なものです。

新築ビジホの外観

当日は、仕事が終わってからスムーズに準備を済ませいざ新しいアパホテルへ向かいます。新しいものって良いもんですね、正面の入口付近もなかなかカッコ良く見えます。

アパホテル福島駅の入口

ここまで雰囲気は良かったのですが、喜んで中に入って行くと何やらかしこまった雰囲気が漂っています。その理由はロビーにいるオッサンが全員スーツ姿、しかも見た感じ中堅企業って言うのでしょうか、ちょっと良い会社の役員さんとカバン持ちみたいのばかり見えます。おそらくホテルの取引業者とか今回の工事に携わった関係先を招待したのでしょう。私は、思いっきり楽な格好をしてるので客観的に見たらミスマッチな人です。遠慮する必要はないのでしょうが来る時間をもう少し送らせたほうが落ち着いてチェックインできたようです。

新しいチェックインも体験する?

周りの雰囲気は落ち着かないものの、一般の言わば「客」として泊まる私が萎縮しているのもおかしいので、ここは平然とチェックインを済ませます。
新しいホテルは、まずフロントにも特徴がありました。カウンターと液晶パネル式の自動チェックイン機(精算機?)が一体になってて、チェックイン時に受付の人の応対と機械の操作が言わばワンストップです。便利なようですが慣れないものは面倒に感じるのが常だと思ってしまいます。これからはこんなスタイルもありなんですね。

さて新しいビジネスホテルの部屋はどんなものか

チェックインを済ませエレベーターに乗り客室へと向かいますが、通路もエレベーターも当然すべて新しくモダンな雰囲気を醸し出しています。そして、エレベーター内には今となっては当たり前のようになっているカメラと液晶モニタが付いていて、頭を後頭部から映されてしまうのは大人の男にとっては如何なものなのかと少々悩んだり、さきほどロビーに居たオッサンのうちの何人かは同じことを思うことでしょう。
そんなことを考えながら指定された部屋へ入室することになります。

第一印象は新しいけど普通かな

部屋の鍵は今どきのカードキーですが、非接触式のカードキーってのは使うたびに楽しく感じます。従来通りの金属製のカギを使うビジホもまだまだ多いし私にとってカード式のキーは新鮮さを感じるものです。
そして、いよいよ扉を開けて中へ入ってみると‥。

特徴は大型テレビか

新しいってものは良いもんですね、そこにあるものの殆どすべてを今日私が初めて使用する訳です。こうなると肝心な部屋の内装や設備とかは特に気になっったりもしないものです。

新築の客室

目立つのは壁掛け式の大型テレビがベッドの正面に設置されていることですかね。

ホテルの大画面液晶テレビ

こんなデカいテレビで映画なんか見始めたら外出したくはなくなります。

アパホテルの浴室

因みに浴室はお馴染みな感じですかね。

枕元にはUSB

今回初めて見たもので、たぶん全室共通の設備だと思うのですが枕元で携帯電話を充電できるようベッドにUSBポートが付いてます。

枕元にあるUSB

たぶん充電専用のもので、ここに動画とか音楽データを入れたUSBメモリを挿したところで再生されるものではなくて、電源供給のみのUSBと思われます。
客室に当然必要とされる液晶テレビは画面を大きく、そして今までになかった利便性の提供として枕元のUSBなんでしょうね。スマホ用のUSBケーブルが一本あれば充電できるようになっています。

ほど良く冷えてて寒い

このホテルは最近工事が完了したばかりで、人が宿泊するのはこの日が初めてのようです。そのせいか、どうにも部屋の中はもちろん建物の中が暖まっていない様子。連日埋まっている部屋が多ければ多いほど冬は暖房を使うし建物が冷え切ってしまうことがないことでしょう。ところがここは、完成したばかりなので空調を試運転以外で使用するのは今回が初めてなんでしょうね。大げさに言うと底冷えする感じです。
エアコンの設定温度を上げれば良さそうなものですが、温風といえど寝ている間に強い風が直接体にあたる(風向きを調整しても少しは風を感じる)のは心地良いものでもないし微妙な気がしますね。

気になる窓からの眺めは

”高いところから外を眺めていると落ち着く”なんて話を以前にも何度か書いた覚えがあります。
カーテンを開けてみての第一印象は地元の駅前ってこんなに広かったんだと感じました。

ビジネスホテルの窓から

人間ウォッチングには程よく適していると思いますが、人が気づかないところから外を眺めているのは少し変態チックな感じがするのでホドホドにしておいたほうが良さそうです。

満足げにチェックアウト

ホテルに限らず、オフィッスビルや商用ビルなどのほか、もちろん一般住宅も新築のうちは内装の塗装やら接着剤?と思われる独特の匂いがしますよね。
まあ、そんなことも気にならないくらい気分よくグッスリ眠らせていただいた一泊だったのですが、時が過ぎれば帰らなければなりません。切ない気持ちを引きずりながら記入を済ませたアンケートを片手に、休日だった自分も、さも仕事へ向かうかのようなそぶりでチェックアウトを済ませてきました。
今回は地元のホテルですが、こんな体験宿泊会もなかなか良いもんですよね、これから皆で使うものを先に独り占めしてしまうといった征服感がたまりません。またこんな機会があったら申し込んでみたいものです。

関連記事

宿にチェックインしたら最上階だったから少し興奮したんだ